• 駐車場を考察して店舗経営の客足をのばす

    店舗経営をしていく中で売り上げが今ひとつのびなかったり、客足があまりよくなかったりするときには何か改革を考えなければなりません。

    駐車場の認定関する便利な情報が満載です。

    そういったときに注目してみるとよいのが駐車場です。日本は都市部においては鉄道網が発達してるものの、多くの地域は車社会となっています。そのため、駐車場の勝手の善し悪し一つで客足が大きく変わることが多々あります。人気に比べておける台数が少ない場合には、車で行っても置き場所に困ってしまうということがネックになって客足が遠ざかることになります。一方、駐車場から店舗までが遠かったり、道を渡らなければならなかったりするとそれも大きな生涯とならざるを得ません。
    高齢者や子供連れの場合には特にその影響を大きく受けることになるでしょう。



    また、雨でも利用者がいるような店舗を経営している場合には車から下りて店舗に至るまでの間で雨に濡れるか濡れないかということも大きな要素になります。



    雨の日に客足が伸びないという状況が見られるのであればそういった配慮のある設計をするということが大切になるでしょう。

    実際にはこういった理想的な条件を揃えていくのは難しいことがほとんどであり、予め計画的に駐車場を準備していなければ実現は難しいでしょう。


    しかし、駐車場の台数の確保であればコインパーキング等との提携で実現も可能であり、雨の問題もアーケードを設置できる可能性があることから、客足をのばすための方法として一考に値するものです。