バナー

以外と知られていないiPhoneXの魅力

絶大な人気を継続しているiPhoneシリーズですが、よく画面が割れたまま利用している人を目にします。
Androidのスマートフォンではあまり見ることはありませんが、iPhoneXの画面が割れやすいのでしょうか。

そうではありません。

iPhoneXは画面が割れても操作ができるように作られているのです。

Androidのスマートフォンの多くは画面が割れてしまったりヒビが入ると即座に使えなくなることが多いため、実際に利用している人もできるだけ早く修理に出しひび割れを直します。

そのため、iPhoneXに比べて画面破損している状態をみる機会が少ないのです。


またこのことは割れても使えるというメリットだけではありません。


内部の重要なデータを保持する事にも役立っているのです。


通常画面が破損した場合操作ができず内部ストレージに保存しているデータは抹消される可能性が高く、回復させる手段もほとんどありません。

しかし、画面が割れていても、しっかりと表示されており、さらに操作が可能なのであれば、データをバックアップする方法が有るというわけです。
パソコンと接続してバックアップをとることも可能ですし、Wi-Fiに接続してicloudにデータを保存することもできます。もちろんAndroidスマホでもマウスなどを利用することによって操作が可能な場合もあります。
しかし、液晶画面そのものが映らなくなってしまえばもう方法はありません。
事前にバックアップを採っておくことは重要ですが、機種それぞれの特長理解しておくこともデータを守る一つの手段です。


多くの人々が活用しているスマートフォンのiPhoneXは、アプリによる拡張機能やBluetoothでの無線接続によって、外部デバイスとの連携がスムーズに行えます。ウェアラブルデバイスは、iPhoneXと連携して各種データを表示したり、グラフで表示したりといった事が可能であり、鞄の中にiPhoneXを入れていてもメールの着信が分かったり、運動などによる消費カロリーを把握する事が出来たりします。

iPhoneXは、アップルウォッチと呼ばれる腕時計型の端末と特に親和性が高く、iPhoneXを遠隔操作したり、スマートフォンに着信したメールを確認したりといった事が容易に出来ます。
つまり、ウェアラブルデバイスは、わざわざスマートフォンを取り出さなくても良い作業をウェアラブルデバイス側で行えるようになりますので、よりコンピューターと一体感を感じながら、各種データを確認出来る環境を構築する事が可能です。


ウェアラブルデバイスで多いタイプは、腕時計タイプであり、一般的な腕時計として使う事も出来ますので、普段は腕時計として使い、必要に応じて情報端末として使うといった使い分けられます。

ウェアラブルデバイスは、スマートフォンと比較して、ディスプレイが小さかったり、バッテリーが小容量であったり、高性能なプロセッサを搭載していなかったりしますが、健康に関連する機能が優れていますので、スポーツなどを行う人々には有効に使えるデバイスとなっています。



外出先で使う事が多いiPhoneXは、落下事故や水没事故によって破損させる可能性が高いです。

破損させた場合には、修理を行う必要がありますので、メーカーの保証サービスや修理業者が提供するサービスを利用する事になります。

人には聞けない珍しいiphoneX(テン)をわかりやすく説明しています。

メーカーの保証サービスは、無料で行ってもらえる部分と有料で行ってもらえる部分がありますので、メーカーに確認をする事が重要です。
ディスプレイの破損の場合、液晶ユニットの交換を行う事になってきますので、比較的高額になる事があります。近年では、iPhoneXの修理を専門に行っている業者が国内に点在してますので、水没事故や落下事故で破損させた時には、こちらのサービスを使いますと安く修理出来る可能性もあります。

iPhoneXの内蔵ストレージに保存したデータを消去せずに修理を行ってくれる業者もありますので、データを消したくないという要望を持つユーザーは、こちらのサービスを使っていくのが良いでしょう。

破損させないようにする為には、iPhoneXにケースを装着させたり、液晶保護シールを貼っておくのが効果的です。

破損以外にも、経年劣化によって電源ボタンやホームボタンが使えなくなるといった状況も起こります。

そのような時にも、修理業者の利用は効果があり、該当する部品を交換する事によって、再び、正常に使えるようになります。料金は、修理業者の方が安いケースが多いですので、故障の具合によってサービスを使い分けていくと良いでしょう。

iPhoneXでインターネットを行うときは、「サファリ」というアプリを使います。

このアプリは標準設定のままでもインターネットを楽しめるように作られていますが、ブックマークレットという機能を使うことでより快適なインターネット環境を作ることが出来るのです。
ブックマークレットとは、Webブラウザで機能するプログラムのことで、様々な動作を実行させることが出来る機能です。
最近のWebサイトには、Webページに重なるように表示されるフローティング広告が設定されていることがあります。

ただ表示されるだけでなく、画面内を動きまわったりスクロールに追従してくるなどストレスが溜まってしまいます。そこで、「invalid FloatAd」というブックマークレットを登録すると、こういったフローティング広告を非表示にすることが出来るのです。



ポイントは、広告が完全に読み込まれた後に実行することです。

Webサイトの中には、パソコンで閲覧することを前提としていてiPhoneXでの表示に対応していないサイトも少なくありません。

そういったサイトでは、「Simplify Styles」というブックマークレットを実行することでiPhoneXでの閲覧に適した配置に直すことが出来るのです。
配置を換えるだけで情報量は減らさないため、全てのコンテンツを閲覧することが可能です。iPhoneXでインターネットをするときには、ブックマークレットを意識するとストレスの無いネットサーフィンを楽しめるのです。